ママが働くという事・・・

この前、保育士のママ友と話してて「少子化対策」って、ほんと何も分かってないよねー・・・という話題に。
0歳や1歳の子どもが熱が出たという連絡をしても、保育所になかなか迎えに来られない母も多いらしい。
しんどい子どももかわいそうだが、なかなか仕事をすぐに抜けれないママだって、職場や周りに気を使いながら心を痛めてるはず。辛いよね。
しんどうそうな我が子の側に居てあげられないなんて、ほんと親として辛いもん・・・
パパに預けるにしても「ごめんね。ごめんね。。。」って、後ろ髪引かれながら、泣きながら仕事に行ってる友人もいてる。
みずぼうそうやおたふく風邪、はしかやインフルエンザなどなど、数日間預けられない状態になるのは仕方ない事やのに。今の大人だって、子どもの時はそういう病気をしながら大人になったはずやのにね。
だいたい、「少子化対策」について話をするのに男が入るな!って言いたい。
妊娠も出産も育児もした事ない人に何が分かるんやろね。
1人育ててみて、どんだけしんどいねん!って思うのに、2人も3人もなんて思うわけないやん。
言うときますが、2人になったから2倍しんどいんじゃなくて4倍しんどいからね。
3人になれば、またその倍。8倍やる事が増えるからね。(笑)
そこら辺を分かってる人に対策を考えてくれって思うわ。
ただ、ここ最近は「育メン」って言葉がある位やから、そういう男の人ばっかりじゃない時代に、少しは変わって来ているのだろうが。
仕事と育児の両立はきっと働く母にとっては永遠のテーマなんやろな~・・・・
何とか安心して、子どもを産み育てられる社会になればいいなと思う今日この頃。
という訳で、自分の経験も踏まえ、R-webはこれからも「起業する女性」を応援します!(笑)
↑自社の宣伝かよ!(苦笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA