原始人にパソコンを教えてみる

「原始人」という表現はどうかと思うねんけど(笑)、この前、原始人に近いダンナにパソコンをちょっと教えてみた。このウチのダンナですが・・・
かろうじて携帯メールはできるねんけど、超超超アナログ人間です。ハイ。
テレビ番組の録画も出来ない。TVとかビデオ(今はビデオじゃなくてハードディスクレコーダーか)の配線とかも、もちろん私の仕事。
というか・・・録画した番組の再生の仕方が分からないとイチイチ呼ばれる。(もちろん、録画時も頼まれるが)
この前なんか、「見たい番組の再生くらい自分でやってみ」と子供らと何分かかるか見てたらいつまでも出来ず、大爆笑!
そんなダンナの事務所に新しいパソコンを買ってくれと言われたので、適当にみつくろってパソコンを与えてみた。
そしたら、もうお構いナシに電話がかかってくるねんけど・・・・(_ _;)
「パソコンがおかしいねん!」って。おかしくしたんは、アンタやろ!あたしゃ、電気屋ちゃうで(笑)

まぁ、写真の保存の仕方とかメールの書き方とか初歩的なことを教えてみようと頑張ってみた。
「まず、デスクトップに・・」って言うと「デスクトップって何?」と言われる。
「クリックしてみて」って言うとクリックは1クリックか、ダブルクリックなんか、右クリックなんか毎回聞かれる(笑)
多分、覚えきれないと思って「メールのやり方」とか、マニュアルとしてメモをしながら進めてみた。
しかし、そのマニュアルも注釈だらけやん(^^ゞ
※クリックは普通は「Wクリック(2回クリック→素早く2回クリックする→できない時はもう一回)」。コピーとか貼りつけしたい時は「右クリック」
※デスクトップとは画面を開いた時にアイコン(絵のマーク)が並んでいる状態の事
などなど・・・
ほんとこれって、「カタカナを使わずしゃべる」みたいな感覚で、それはそれで新鮮に感じたり(^^ゞ
小学生の子供に教える時はこんな感じなのか?いやいや、ウチの子ども達は小学校低学年でももっと出来てたで。(笑)
という事で、呼び出しの回数が少しでも減ることを祈りつつ・・・
最終的には教えるより自分でやった方が早いから、「ノートパソコンやからおかしくなったら持って帰ってきて」という状態ですわ。
ここまで原始人のダンナに理解させる事が出来ればきっと私も大したもんって事やんね!!
ここまでじゃなくても、R-webはパソコン初心者の方にも専門用語を使わず、丁寧に説明できるよう心がけております。
言っときますが、ダンナは70代とかじゃないですよ~40代前半です(笑)
にほんブログ村 デザインブログ Webデザインへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA