WordPress標準搭載のギャラリー機能でギャラリーを作成する

WordPressの記事や固定ページ投稿の際に、最初から付いている「ギャラリーを作成」機能でギャラリーを設置する方法です。

ギャラリーサンプル

※こちらのサンプルギャラリーはプラグイン、JetPackを入れているので、クリックで拡大表示、背景が黒になります。

ギャラリー機能の使い方

1.ビジュアルモードでギャラリーを追加したい場所にカーソルを合わせて「メディアを追加」をクリックします。

WordPressギャラリー機能の使い方

2.ウィンドウが開きますので、「ギャラリーを作成」をクリックします。

3.「ファイルをアップロード」後、(既にファイルをアップロードしている場合は「メディアライブラリ」から選択)、ギャラリーとして使用したい画像に全てチェックが入っているか確認します。確認したら、右下の「ギャラリーを作成」をクリック。
※選択した写真の一覧と点数がが画面の下に表示されています。

4.ギャラリーに設定を行います。

  • リンク先・・・「メディアファイル」を選択
  • カラム・・・好きな数字を選択
  • ランダム・・・ランダム表示したい場合はチェックを入れる
  • サイズ・・・ギャラリーに表示させるサムネイルのサイズを選択

全て編集が終われば「ギャラリーを挿入」をクリック

これで、投稿ページや固定ページ内のどこでもギャラリーを設置させる事が出来ます。

ちょっと追記

JetPackを入れていない場合、スマホ対応レスポンシブのLightbox風のギャラリーにする場合はこちらのプラグインがおすすめです!
レスポンシブデザインに対応したLightboxプラグイン「Responsive Lightbox by dFactory」

WordPressには便利な機能がたくさんありますので、「ホームページ作成が良く分からない!」という初心者の方でも、このように簡単にかっこいいギャラリーを作る事が出来ますよ!

R-webでは、「どうしても分からない!出来ない!」という方のために、Skypeで実際にお客様のパソコンの画面を見ながらのレクチャーも行っておりますので、お困りの場合はWEB相談よりお問合せくださいね!

にほんブログ村 デザインブログ Webデザインへ

関連記事

  1. JetPack タイルギャラリーの使い方

  2. スマートフォン(レスポンシブ)対応のGoogleMap

  3. 2013.7.13 WordBench 神戸 「お気に入りのテーマを見…

  4. microdataでHTML5のパンくずリストを作成

  5. WordPressのプラグイン「Contact Form 7」で画像を…

  6. WordPressのバックアップ

    WordPressを「BackWPup」プラグインで定期的にバックアッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. WordPressのバックアップ
  2. 女性起業家の方へ

アーカイブ

制作実績一覧

  1. 12starz
  2. SOARist
  3. ダンスウェア ララック様
  4. デジタルイースト
  5. 西表島 シュノーケル・カヌーツアーcrossriver
  6. ハミング
  7. hearty
  8. An Rire
  9. スタートアップ